◆ゴシック体用外字ファイルのダウンロードはこちら
このページの先頭に戻る
ゴシック体用外字ファイルの配布を開始しました。 (2015/04/28)

ファイル名 eudcgothic.zip (245,420 バイト)


  • 御書システムの初期表示フォントを、「MSゴシック」に変更しましたので、ゴシック用外字フォントを作成し、配布を開始しました。
  • 配布形態はZIPファイル(ファイル名:eudcgothic.zip)となっておりますので、解凍して設定して下さい。

 
このページの先頭に戻る
◆ゴシック体用外字ファイルの設定手順
このページの先頭に戻る
 《「外字エディター」での設定方法》
  「外字エディター」起動手順 (Windows7/8/8.1の場合

※ダウンロードしたゴシック体用外字ファイル(eudcgothic.zip)は解凍して下さい(解凍後のファイル名=「eudcゴシック.tte」)。その後、「eudcゴシック.tte」ファイルをあらかじめ「御書システム」内の「外字フォント」フォルダ(C:\K3\Data\御書システム\外字フォント)にコピーしておいて下さい。
※「外字エディター」の起動は、以下のように進めて下さい。
  • 【Windows7の場合】 (順に左クリックして進めて下さい)
  • (スタート)」ボタン→「すべてのプログラム」→「アクセサリ」→「システムツール」→「外字エディター」
Windows8/8.1の場合】 
  (1)「(Windows)」キーを押しながら「(R)」キーを押すと、「ファイル名を指定して実行」が表示されます。
  (2)入力欄に「eudcedit」と入力し、「OK」をクリックすると「外字エディター」が起動します。
        
   
   
    
  「外字エディター」での設定
このページの先頭に戻る


(1)「外字エディター」を起動する
  @「キャンセル」をクリックして、コード選択画面を閉じる。 
  A「ファイル」をクリックして、「フォントのリンク」をクリック。
 
   
  (2)フォントを選択する。
   
  @「フォントのリンク」画面で、「指定したフォントにリンクする」のトグルボタンをクリック。 
  A「フォントの選択」の一覧で「MSゴシック」を選択し、クリックし指定する。
  B「名前を付けて保存」をクリックする。
   
  (3)フォントを選択する。
 
  @「外字ファイル名の変更」画面で、「EUDCゴシック.TTE」をクリックして指定する。 
  A「保存」をクリックして画面を閉じる。 
 
  (4)「外字エディター」を終了する。 
  @前画面に戻ったら「OK」をクリックして画面を閉じる。
  Aそのまま「外字エディター」を終了する 
   
  以上でゴシック体用外字の設定は終了です。
(「MSゴシック」以外のフォントには適用されません)
このページの先頭に戻る